Mayones 商品レビュー

7弦ギターを手に入れました。Mayones(メイワンズ)Regiusの7弦モデル

スポンサードリンク

投稿日:2012年11月30日 更新日:

-Mayones, 商品レビュー
-

スポンサードリンク

477

7弦ギターを手に入れました。Mayones(メイワンズ)Regiusの7弦モデルです。

Mayonesとは

1982年の創業以来、少数生産ながらも優れた楽器製作を行う工房として数多くのミュージシャンに愛され、現在もヨーロッパの音楽シーンを支える存在として注目のブランド「Mayones(メイワンズ)」。

Mayonesギターは、高い製作技術をもった職人達により、全て自社工房にて製作されます。
芸術的な木工加工など、職人たちの優れた技術を存分に発揮させるための伝統的な手法による楽器製作にこだわり、高いクオリティを持った製品を提供し続けています。
Flame Maple、Swamp Ash、Mahogany、Amazaque、Wengeなど楽器製作に用いる材は、良質な材の供給元を確保することで全て最良のものを採用、その良質材を用いた高い質感、楽器としての完成度は、実際に手に取って鳴らした瞬間にお分かりいただけることでしょう!

また、創業から数十年の長い歴史を持つブランドとなりますが、その歴史の多くを他の楽器メーカーの下請けでのOEM生産を中心とし、多種多様な楽器の製作に携わってきたブランドの経歴を持ち、その経験から手に入れた豊富な知識と確かな木工技術は自社ブランドとして展開する現在においても、様々なニーズに柔軟に対応可能なカスタム・オーダーの製作として活かされており、お客様それぞれの強い拘りを反映させられることが可能なカスタム・オーダーの受注も展開しております。

近年では、世界最大級の楽器の祭典であるアメリカの「NAMM SHOW」やドイツの「フランクフルト・ムジーク・メッセ」における出展も積極的に行っており、そのヨーロッパならではのセンスで製作されるユニークで個性溢れる商品ラインナップは、会場を訪れた方々から高い注目と評価を集め、着実に世界的にその名を広めることに成功しており、今後の動向から目が離せない注目必須のブランドです!!

デモ演奏の動画がこちら。

はっきりした音粒のギターで、若干カラッとしたサウンドです。

購入したギターの主要スペック

ネックスケール:645mm
フレット;24・
Pickup EMG 707 (neck + bridge)

4792

弦裏通しのスルーネック使用です。
ペグはスパーゼルです。

4802

Mayonesはベースではそこそこ有名なようですが、ギターであまり使っているユーザーを見かけません。
使用している有名なアーティストは
Wes Borland(LIMP BIZKIT)
Sylvain Coudret(SOILWORK)
Greg Mackintosh (PARADISE LOST)
などが利用しているそうです。

ギターは特に国内入荷が少ないため試奏できる店が少ないです。
東京の場合には渋谷駅にあるIKEBEグランディ&ジャングルで試せます。

気に入っている点は
初期状態で弦高が低いがビビらない。そのため再調整はまったくせずに利用できます。
また何と言ってもスルーネックでハイフレットが弾きやすいです。
7弦モデルでスルーネックはあまり見かけないのでこれが決め手になりました。

価格帯も魅力的で30万以下だった7弦ギターでした。
7弦のペトルーシモデルなどは30万オーバーですので手が出しにくい。

同じMayonesでもSetiusモデルになるとセットネックに変わってしまうので、
スルーネックを探している人は注意です。

イマイチかなと思ったのは後ろの作り。
腕を乗せる部分が丸みを帯びているので服によっては滑ってしまうことがあります。
丁寧に加工処理されているので触っている分には心地よいのですが、勢い余って演奏中にボディーが
ずれることが稀にあります。

Mayonesの公式サイトではオーダーメイドでの発注もできるようです。
全編英語ですので、代理店を通して発注するのが無難かと思われます。

スポンサードリンク
1

「エフェクターを売って新しい機材を買う資金にしたい」 「使わなくなったエフェクターを整理したい」 「今月金欠になってしまって…」 エフェクターを売った経験がない人に取っては 「エフェクターを売ってどれくらいで売れるのか?」 「どこでエフェクターが売れるのか?」 わかりにくいですよね。そこで今回は ギター星人ネットオークションは買いたいユーザー同士が値段をつけていって、 オークション終了時刻により高い金額をつけた人が買う権利を得られるシステムです。 予想外の値段が付くことがあるのがメリットですね。 現在人気のネットフリーマーケットショップである「メルカリ」 ヤフオクとは異なり、出品者が値段をつけたらそれ以上に値段があがることはありません。 ユーザーがどんどん増えているので買い手が付きやすく、手軽に売れるのが魅力になっています。 ヤフオクやメルカリでは楽器店にエフェクターを売りに行くより 高値で売れる可能性が大きいです。 しかし、オークション終了後は自分と相手の直接のやり取りが必要になります このときにマナーが悪くモメる相手だった場合は、連絡がつかなくなったり、入金をしてこなかったりする最 ...

2
3

ギターの本数が増えてきたので使っていないギターを売りたい。 新しいギターを買うための購入資金にしたいので買い取ってほしい。 やむを得ない生活苦でギターを売って生活資金にしたい コドラ人間ならだれしも面倒くさいことは避けたい訳です。 この面倒な手続きを一通りしてくれているのが楽器専門店なのですね。 「餅屋は餅屋」とは良く行ったものです。 慣れないやりとりで気苦労するくらいならば、取引の安心度の高い中古品を扱っている大手の楽器専門店で買ってもらいましょう! ギターの買取は『ギターを扱っている楽器屋へ持っていく』のが一般的です。 しかし、必ずしも自宅から近くに楽器屋が近くにあるとは限りません。 楽器自体の売れ行きは年々下がっているようで楽器屋の店舗規模はどんどん縮小しています。 デフレの不景気で最寄りの楽器店がなくなってしまったときは悲しくなりましたね。 住まいの近くに楽器屋がない人に向けて、最近では中古売買をしている企業では出張買取サービスが行われています。 そこで出張買取をしているハードオフでのギター査定ってどうなのでしょう? ハードオフとは 中古品をキレイにしてから使い直すリユースのサ ...

4

音楽で食べていく手段のキッカケとして「オーディション」があります。 プロダクションが才能を持った人を探し出すためのオーディションの多くは 合格後、プロダクションによる大きなバックアップが付いてきます。 どのように今後音楽活動をしていったらいいかの道筋がぼんやりとしているアマチュアミュージシャンにとってはとても良いキッカケになります。 この記事では「歌手を目指している人が未経験者でも参加ができるオーディション」を記載していきます。

5

自作音源を作ったらネットショップで売ってみよう!音楽を売れるネットショップの一覧

BOSS GT1000 6

BOSS GT-1000 使い方をまとめていきます。

7

私そろそろギターを初めて20年以上になります。 長年弾いてきた経験でこれは良いこと書いてあったなあと思える実際に役立った教則本をまとめていきます。 昔に比べて情報量の多い質の高い本が増えてきたことと、教則本が絶版になっていて中古品しか手に入らないことがあるため、比較的最近の物が多いです。 ギターのバッキング練習 「ギターが下手」、原因の90%はリズム感 本屋に並んでいたら手に取りたくなるキャッチーな本のタイトルです。 音楽の3大要素として「メロディ、ハーモニー、リズム」がありこの3要素が綺麗に重なって曲が出来上がります。 土台となるリズムは音楽を曲として成り立たせる上で「9割を占めて」います。 ギターソロがメインのインスト物は別として殆どの曲で『ギターの役割は伴奏』です。 曲中でギターでソロをがんばる時間って、ギターがメインのハードロックやメタルでも1割くらいの時間しかありません。 ギターのバッキングが上手くなると必然的に上手く見られるので頑張ろうねといったテーマの一冊。 この本の良いところとして「メトロノームの効果的な使い方」が乗っている点です。 メトロノームを頭拍で鳴らすだけでなく ...

8

ギターのディストーションペダルどれが良い? 当サイト調べで2018年におすすめできるギター用のディストーションペダルを掲載していきます。 ディストーションペダルも様々な種類があって選ぶのが難しい所です。 自分の好きなアンプの音を覚えておき、自分好みのアンプの音がするディストーションペダルを選ぶ方法、 または、全くキャラクターの違うディストーションペダルを選ぶ方法と様々あります。 ディストーションペダルも広く知られているものから、マニアックなペダルまでたくさんありますので、 幅広いサウンドのディストーションペダルを集めてご紹介していきます。

9

当サイト調べで2017年におすすめできるオーバードライブペダルを掲載していきます。

-Mayones, 商品レビュー
-

Copyright© 誰得ギター , 2019 All Rights Reserved.