ギター小物

Line6 / Relay G50 【簡単操作のギターワイヤレスシステム】

スポンサードリンク

投稿日:2011年9月6日 更新日:

-ギター小物
-,

スポンサードリンク

WIRED TONE WIRELESS FREEDOM
Relay™デジタル・ワイヤレスシステムは、あなたと同様にギターサウンドに対し真剣に取り組んでいます。優れた仕様、他には無い技術と斬新なデザインが、あなたがこれまでワイヤレスシステムに対し求めていたサウンドを実現してくれます。

■上質なサウンド
優れた仕様と占有のVWT™デジタル技術により、Relayワイヤレスシステムのサウンドは、高品質のギター・ケーブルを使用したものと引けを取りません。

●専用のVWT(Virtual Wire Transmission)技術により、幅広い周波数帯域でレスポンスを行い、優れた過渡応答とワイドなダイナミックレンジを確保することができ、その性能は質の高いギターケーブルを使用した際と変わりません。

●Relayデジタル・ワイヤレスシステムは、10Hz~20kHzの周波数帯域に応じられるため、高域から低域までの幅広いサウンドを生み出す事ができます。

●Relayデジタル・ワイヤレスシステムには、ケーブル・トーン・シミュレーターが搭載されているため、Relayのサウンドをケーブルからのサウンドに合わせることができます。

●コンパンダーを必要としないことからも、Relayには、美しいハイエンドの魅力や、轟くようなローエンドの迫力、そしてワイヤレスシステムでは不可能なタッチレスポンス機能が備わっています。

■確固とした信頼性
アンテナ一式、特許を有するDCL™シグナル・プロテクション、そして2.4GHzでの通信により、安心して思う存分にステージ・パフォーマンスを行うことができます。

●専用のDCL(Digital Channel Lock)技術が、自動的にありとあらゆる干渉を退けます。

●Relayデジタル・ワイヤレスシステムの通信は、周波数帯域2.4GHzにて行います。テレビ局や公共放送、携帯電話のアンテナやその他の強力な発信源からの干渉を確実に防ぐ事ができる帯域だからです。

●Relayから60cm離れていようと、その通信範囲ぎりぎりの距離から演奏していようとも、完璧な応答、優れたダイナミック・レンジ、有線を想わせる頼もしさ、そして24-ビットのアナログ/デジタル変換と仕様通りの優れた性能を発揮します。

■シンプルな操作
電源を入れ、チャンネルを選べば準備は完了です!周波数選びに苦労する必要は全くありません。世界中で使用できます。

●箱から出してすぐに使用できます。電源を入れ、チャンネルを選べば準備は完了です!

●Relayデジタル・ワイヤレスシステムでは、全てのチャンネルが常に作動しています。開いたチャンネルをスキャンする必要もありません。

●メタルとポリカーボネート製の外装と内蔵アンテナにより設置場所を選びません。

【主な仕様】

●メタル ストンプボックス型システム
●通信フォーマット:Line 6が特許を有するデジタル・オーディオ・トランスミッション
●周波数応答:10Hz~20kHz
●ダイナミック・レンジ:120dB
●RF搬送波周波数:2.4GHz
●対応チャンネル:12
●通信範囲:視認できる直線で60m(現地の状況で異なることもあります)
●FCC承認:パート15に認定されています。ユーザー免許は必要ありません。

<TBP12 トランスミッタ仕様>
●12チャンネル
●アナログ/デジタル変換:24-ビット デルタ シグマ、オーバーサンプリング128回
●インプット・インピーダンス:1.3MΩ
●コネクター:TA4f
●コントロール:電源 On/Off,チャンネルの選択
●LED表示:Power,Audio Status
●LCD 画面:チャンネル番号、乾電池の寿命
●乾電池の寿命:約8時間(2 x AA アルカリ乾電池)(別売)

<RXS12 レシーバ仕様>
●12チャンネル
●デジタル/アナログ変換:24-ビット デルタ シグマ、オーバーサンプリング128回
●コネクター:1/4インチ アウトプット、チューナー パス-スルー
●LED表示:Power On,Data Link,Audio Status
●LCD 画面s:チャンネル番号, トランスミッタ 乾電池寿命
●コントロール:電源 On/Off,チャンネルの選択t,ケーブル・トーン・シミュレーター
●電源の必要条件:DC-1g電源(9VDC)

スポンサードリンク
1

「エフェクターを売って新しい機材を買う資金にしたい」 「使わなくなったエフェクターを整理したい」 「今月金欠になってしまって…」 エフェクターを売った経験がない人に取っては 「エフェクターを売ってどれくらいで売れるのか?」 「どこでエフェクターが売れるのか?」 わかりにくいですよね。そこで今回は ギター星人ネットオークションは買いたいユーザー同士が値段をつけていって、 オークション終了時刻により高い金額をつけた人が買う権利を得られるシステムです。 予想外の値段が付くことがあるのがメリットですね。 現在人気のネットフリーマーケットショップである「メルカリ」 ヤフオクとは異なり、出品者が値段をつけたらそれ以上に値段があがることはありません。 ユーザーがどんどん増えているので買い手が付きやすく、手軽に売れるのが魅力になっています。 ヤフオクやメルカリでは楽器店にエフェクターを売りに行くより 高値で売れる可能性が大きいです。 しかし、オークション終了後は自分と相手の直接のやり取りが必要になります このときにマナーが悪くモメる相手だった場合は、連絡がつかなくなったり、入金をしてこなかったりする最 ...

2
3

ギターの本数が増えてきたので使っていないギターを売りたい。 新しいギターを買うための購入資金にしたいので買い取ってほしい。 やむを得ない生活苦でギターを売って生活資金にしたい コドラ人間ならだれしも面倒くさいことは避けたい訳です。 この面倒な手続きを一通りしてくれているのが楽器専門店なのですね。 「餅屋は餅屋」とは良く行ったものです。 慣れないやりとりで気苦労するくらいならば、取引の安心度の高い中古品を扱っている大手の楽器専門店で買ってもらいましょう! ギターの買取は『ギターを扱っている楽器屋へ持っていく』のが一般的です。 しかし、必ずしも自宅から近くに楽器屋が近くにあるとは限りません。 楽器自体の売れ行きは年々下がっているようで楽器屋の店舗規模はどんどん縮小しています。 デフレの不景気で最寄りの楽器店がなくなってしまったときは悲しくなりましたね。 住まいの近くに楽器屋がない人に向けて、最近では中古売買をしている企業では出張買取サービスが行われています。 そこで出張買取をしているハードオフでのギター査定ってどうなのでしょう? ハードオフとは 中古品をキレイにしてから使い直すリユースのサ ...

4

音楽で食べていく手段のキッカケとして「オーディション」があります。 プロダクションが才能を持った人を探し出すためのオーディションの多くは 合格後、プロダクションによる大きなバックアップが付いてきます。 どのように今後音楽活動をしていったらいいかの道筋がぼんやりとしているアマチュアミュージシャンにとってはとても良いキッカケになります。 この記事では「歌手を目指している人が未経験者でも参加ができるオーディション」を記載していきます。

5

自作音源を作ったらネットショップで売ってみよう!音楽を売れるネットショップの一覧

BOSS GT1000 6

BOSS GT-1000 使い方をまとめていきます。

7

私そろそろギターを初めて20年以上になります。 長年弾いてきた経験でこれは良いこと書いてあったなあと思える実際に役立った教則本をまとめていきます。 昔に比べて情報量の多い質の高い本が増えてきたことと、教則本が絶版になっていて中古品しか手に入らないことがあるため、比較的最近の物が多いです。 ギターのバッキング練習 「ギターが下手」、原因の90%はリズム感 本屋に並んでいたら手に取りたくなるキャッチーな本のタイトルです。 音楽の3大要素として「メロディ、ハーモニー、リズム」がありこの3要素が綺麗に重なって曲が出来上がります。 土台となるリズムは音楽を曲として成り立たせる上で「9割を占めて」います。 ギターソロがメインのインスト物は別として殆どの曲で『ギターの役割は伴奏』です。 曲中でギターでソロをがんばる時間って、ギターがメインのハードロックやメタルでも1割くらいの時間しかありません。 ギターのバッキングが上手くなると必然的に上手く見られるので頑張ろうねといったテーマの一冊。 この本の良いところとして「メトロノームの効果的な使い方」が乗っている点です。 メトロノームを頭拍で鳴らすだけでなく ...

8

ギターのディストーションペダルどれが良い? 当サイト調べで2018年におすすめできるギター用のディストーションペダルを掲載していきます。 ディストーションペダルも様々な種類があって選ぶのが難しい所です。 自分の好きなアンプの音を覚えておき、自分好みのアンプの音がするディストーションペダルを選ぶ方法、 または、全くキャラクターの違うディストーションペダルを選ぶ方法と様々あります。 ディストーションペダルも広く知られているものから、マニアックなペダルまでたくさんありますので、 幅広いサウンドのディストーションペダルを集めてご紹介していきます。

9

当サイト調べで2017年におすすめできるオーバードライブペダルを掲載していきます。

-ギター小物
-,

Copyright© 誰得ギター , 2019 All Rights Reserved.